言語
バイオマス発電とは

バイオマス発電とは

バイオマス発電は、木屑や燃えるゴミなどを燃焼する際の熱を利用して発生させる水蒸気やガスを使ってタービンを回すことで発電する火力発電の一種であり、以下の特徴を有する再生可能エネルギーです。

カーボンニュートラル

バイオマス発電は、燃やしてもCO2の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」という発想でつくられています。
植物は燃やすとCO2を排出しますが、成長過程では光合成により大気中のCO2を吸収するので、排出と吸収によるCO2のプラスマイナスはゼロになります。そのような炭素循環の考え方のことをカーボンニュートラルといいます。

カーボンニュートラル

再生可能な
バイオマスエネルギーの源は、元を辿れば植物によって取り込まれた太陽エネルギーであるため、正味でエネルギーが獲得できることから再生可能エネルギーと言えます。